おとな旅ちゃりんこ旅

大阪発! FELT F5『クロ』とGAIANT ESCAPE AIR『シロ』、BROMPTON S6L『Black Edition』の自転車散歩日記です

ブレーキケーブル弾きの軽さ シマノケーブルグリス ( OT-SP41/BC-9000用 ) 効果だけでない!?

2016
08
先日のポタで、シマノケーブルグリスの威力を痛感したリアブレーキ✨

リアブレーキの弾きが軽くなり過ぎて、フロントブレーキの弾きが重く感じる始末😥


以前リアケーブルグリス注入の際、リアだけインナーケーブルをアウターケーブル内でクルクル回し、グリスの浸透を良くしてたのを思い出す☝

その時の様子はこちら


今回もインナーキャップを切ると短くなるので、ブレーキ固定金具を外し


両端から

クルクル回す☝

グリスがアウターケーブル内でいい感じになってるはず☝


リアをした時と同様にクルクル回りますが、ある角度で動きが鈍くなるような😰1週間ぐらいで、もうクセがついた⁉


一番スムーズに動く位置で再度固定☝

いざ、弾きを確認すると、はじめと変わらない😱


そう言えば、リアブレーキにケーブルグリスを塗る際に、合わせてアウターケーブルも手直し自然な流れになるように してた事を思い出し勢いで着手☝


まず、ケーブルカッターでケーブルキャップを

カット✂

アウターケーブルがより自然になるように沿わせてみると



5mm程中に入る部分考慮し


+15mm程カット✂


で再度組み立てて見ると、少し弾きが軽くなった🎊


調子に乗って、最も弾きが軽くなるように、アウターケーブルの自然なルートを探し

もう10mm✂


その結果、はじめ


一回目カット✂


二回目カット✂

フレームの厚さよりアウターケーブルが外に外れ、見た目ちょっと変に😱


肝心のフロントブレーキ弾きの軽さですが
一回目カット✂後とあまり変わらない😰


やりすぎた😱

髪の毛みたいに伸びて来ないかな😅


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment